2015年02月06日

「第18回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」  国立新美術館(乃木坂)

今回で18回目の文化庁メディア芸術祭へ行ってきました。(15日まで)
会場入口正面の一番大きな展示室に、坂本龍一・真鍋大度の「センシング・ストリームズー不可視/不可聴」(優秀賞)。
4K画面上に周波数を可視化・可聴化させると言う作品。今回の、目玉展示。

今年は、アニメーションが充実していたように感じました。
何本か時間をかけて観ましたが、中でもSantiago 'Bou' GRASSOの「PADRE」(優秀賞)が良かったです。
キャラクターの表情、徹底して細部のこだわった人形の動き・しぐさ、ストップ・モーションで動かされているだけのはずなのに人形が生きて演技をしてようです。

RIMG51370

ネットに「PADRE」のメイキング映像があったので掲示します。

PADRE - short film making of from opusBou on Vimeo.



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔