2018年09月20日

「温海カブの発芽」

イノシシ被害防御のためにヤブ刈りを行った場所に、温海カブの種を4日前に蒔きました。
今朝、行ってみるとすでにしっかりと発芽していました。
温海カブを栽培・収穫するのが目的ではなく、ヤブ刈りした後が元のヤブに戻らないようにすることが目的です。うまく育ってくれれば、来年春になれば菜の花を見ることができるかもしれません。
広場の横には山道があり誰でも入ってこれるので、今日は、虎ロープを張って、立入禁止のの看板をぶら下げました。
IMG_3426

温海カブの芽。ちょうど、良いタイミングで雨が降って、発芽には絶好のコンディションになりました。
R0091725

この場所の面積だけで、約500屐砂防ダムの下流側とこの広場の奥もヤブ刈りを行っているので、全体では1,500岼幣紊旅さがあると思われます。
大沢谷



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔