2018年10月30日

葉山 上山口・木古庭の自然 「アルマンアナバチ」

アルマンアナバチの巣です。
ヤブ刈りを行って伐採して竹を寝かせておいたところ、竹の筒の入り口に切り裂いた杉の皮が詰まっていました。
一つを割ってみると、アルマンアナバチの繭がいくつもできていました。
杉の皮の奥に、苔の層が2センチ、その奥に卵から孵ったアルマンアナバチの繭がいくつか詰まっていました。
繭の周りには、幼虫の餌として詰め込まれた昆虫の足が落ちています。
R0091934

R0092059

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔