昆虫 アゲハの飼育

2008年07月12日

「カラスアゲハの羽化」

カラスアゲハが羽化しました。
上山口で坊主寸前になったカラスザンショウの若木にいたのを救出して育ていました。
羽化したてで、まだ羽も広がりきっていませんが、実にきれいです。
(左:2008年7月11日撮影、右:2008年6月23日撮影)
081802081301 

jnks1951 at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月18日

葉山の自然 「クロコノマチョウの後姿」

 連日、クロコノマチョウが羽化します。今回は、羽が自然の色に近くなりました。真後ろから見た姿に注目!!羽の先端が反っています!ぴったりくっついているわけではないようです。
101802kurokonomacho101801kurokonomacho

jnks1951 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月17日

葉山の自然 「クロコノマチョウの羽化」

 なかなか渋い色合いの蝶ですね。この写真では濃紺に見えますが、インターネットに掲載されている写真を見るともっと茶色っぽい色が本当の色のようです。グリーンだったサナギの色が、前の晩には黒っぽい羽の色が透けて見えるのも不思議です。
101701kurokonomacho101702kurokonomacho

jnks1951 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月13日

「モンキアゲハの幼虫」

061301monkiageha061302monkiageha 庭の鉢植えレモンの木にモンキアゲハの鳥糞状態の幼虫がいました。2匹いるので、太郎、次郎と名づけました。去年、モンキアゲハの飼育は、失敗しているので、なんとか今年は羽化させたいです。


jnks1951 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月25日

「越冬クロアゲハが羽化しました!!!」

042503ageha 昨年8月30日にサナギになったクロアゲハが、昨日羽化しました。気が付いたら羽化して部屋の中をバタバタ飛び回って壁にようやく張り付いたところの写真です。この後無事に飛び立っていきました。237日間、約8ヶ月サナギでいたことになります。8月末のまだ暑い頃から来年用にサナギになってしまうというのは、何がきっかけなんでしょう。カラスサンショの葉しか食べないでサナギになって、飲まず食わずで干からびもしないで眠り続けてクロアゲハに生まれ変わるわけですからまさに神秘です。


jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月30日

「越冬アゲハ」

033001ageha 去年9月29日にさなぎになったアゲハが、昨日羽化しました。ちょうど6ヶ月、餌も水分もとらずにじっとして春を待っている執念はすごいですね。もともとさなぎ自体小さかったですが、普通の半分ぐらいのミニサイズのアゲハです。せっかく羽化したものの昨日の寒さに驚いたのか、窓の外においてあったパンジーの鉢植えにしがみついたままじっとしていました。越冬したさなぎが他に3個あります。越冬さなぎの羽化は困難と諦めかけていただけに希望の光が差したようです。

jnks1951 at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月20日

葉山の自然 モンキアゲハの幼虫?

102001ageha 家のまわりのカラスザンショウの木は、ほとんど葉が固くなって新芽もでないような状態なのに、16日土曜日に二子山から乳頭山に向かう尾根道の途中にあったカラスザンショウはまだ青々としていて、鳥の糞状態のモンキアゲハ?の幼虫が4匹いました。10月中旬でもまだ食草がある限りはがんばっているんですね。来週あたり終齢幼虫になっているかもしれません。もう一度見にきてモンキアゲハか確認しようかと思います。


jnks1951 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月30日

アゲハの飼育日記 (越冬サナギ?)

092801ageha 昨日サナギになる準備をしていたアゲハの幼虫がサナギになりました。小さなサナギです。このサナギ、越冬するんでしょうか、サナギの色が全体に茶色がかっています。

jnks1951 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月29日

アゲハの飼育日記 (アゲハ2匹、救出しました)

092901ageha 家の前の川沿いに生えたカラスザンショウにまだアゲハの幼虫がいました。気温が下がって新しい葉も出ず、幼虫に食い尽くされて骨格だけが残っているようなところに、明日にも餓死しそうな状態で、残った枝にはり付いていました。もう1匹、同じカラスザンショウで育ったアゲハの幼虫が、サナギになる場所を探してフラフラしているところを見つけて保護しました。夏場に比べるとかなり小型です。アゲハにとっては迷惑な話かもしれませんが、とりあえず勝手な親切で羽化まで見守ってやることにしました。(サナギになりそうな幼虫の写真は後日アップします)


jnks1951 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月22日

アゲハの飼育日記 (7匹目のキアゲハです)

092201kiageha 毎日、羽化が続きます。21日の朝、7匹目のキアゲハが羽化しました。やっぱり毛深いです。明日ももう一匹、キアゲハが羽化しそうです。


jnks1951 at 03:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月21日

アゲハの飼育日記 (6匹目のキアゲハが羽化しました)

0921kiageha そろそろ、今シーズン最終章。20日朝、6匹目のキアゲハが羽化しました。今までのところ、アゲハ4匹、クロアゲハ5匹、キアゲハ6匹。と思っていたら明日もキアゲハが羽化しそうです。


jnks1951 at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月19日

アゲハの飼育日記 (5匹目のキアゲハです)

091901kiageha1091902kiageha 18日朝、5匹目のキアゲハが、羽化しました。全身像の写真は沢山あるので、一部分のクローズアップでご紹介します。16日に羽化したキアゲハと同じで、やはり毛深いです。


jnks1951 at 02:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月17日

アゲハの飼育日記 (キアゲハ、夏型?秋型?)

091701kiagehaaki091702kiagehanatsu 今日(16日)、キアゲハが羽化しました。台風のときにシェルターに避難させたキアゲハです。で、羽化してビックリ。右側の写真は9月3日に羽化したキアゲハなのですが、今日羽化したキアゲハ(左側の写真)の方が、羽の付け根あたりが毛深いのです。春型、夏型、秋型があるというのですが、毛深いのは季節による型の違いによるものなのでしょうか?模様も良く見るとずいぶんと違っています。でも、たった13日間でこんなに違ってしまうのでしょうか?


jnks1951 at 04:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月11日

アゲハの飼育日記 (脱走キアゲハ)

091101kiageha 絶対にいつかはやるとは思っていましたが、サナギになる場所を探しに
天井まで登ってしまったイモムシが出現しました。当家のイモムシの飼い
かたは檻や柵なしの放飼いですから、気をつけていないと、思い思いのとこ
ろで固まってしまいます。赤い角を出して怒っているイモムシをなだめて
張り付き用の割り箸が入った容器に移っていただきました。
これで、イモムシシェルターに保護した幼虫はみんなサナギになりました。


jnks1951 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月09日

アゲハの飼育日記 (逆さま?)

090901kiageha 中には変わったアゲハがいます。へそ曲がりか、気がつかないのか。
逆さまになってサナギ化準備に入ってしまいました。明日にはサナギに
なるはずですが、どうしたものか。自然の摂理に従ってこのままにする
か。ここまで過保護に育ててしまったのだから、ひっくり返して最後まで
面倒を見るべきか。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月07日

アゲハの飼育日記 (イモムシシェルター)

090701imomushi 台風14号も、この辺りでは大した被害もなかったようです。
台風が来る前に、キアゲハの幼虫を5匹保護して、イモムシシェルターに
避難させましたが、餌のセリの成長とイモムシの旺盛な食欲とのバランスが
崩れて、水栽培のセリが丸坊主になってしまいました。
 シェルターに保護しておきながら餓死させるわけにもいかず、昨夜、懐中
電燈片手に、上山口の奥までセリ狩りに行ってきました。幸い不審者に間違
われることもなく無事に新鮮なセリを確保。新しいシェルターに移って、
無心にセリを食べ続けている巨大化したイモムシ達です。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月06日

アゲハの飼育日記 (キアゲハがダブルで羽化しました)

090601kiageha 8月26日に同時に蛹化したキアゲハが、今日同時に羽化しました。
11日間、ぴったり同じだけサナギでいて、同じ日にそれもたった
20分違いで羽化しました。不思議です。

jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月03日

アゲハの飼育日記 (キアゲハが羽化しました)

090301kiageha キアゲハが、今朝羽化しました。キアゲハは初めてです。
4枚連続写真しました。続きを読む

jnks1951 at 21:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月29日

アゲハの飼育日記 (茶色のサナギのクロアゲハが羽化しました)

082903kuroageha1082904kuroageha2 何度見ても綺麗です。1つだけ枯葉色をしたクロアゲハのサナギが、今日羽化しました。もう、このまま越冬するのかと思っていたのですが、グリーンのサナギと同じように羽化して飛んでいきました。レモンの鉢ごと預かったクロアゲハは、2匹続けて蛹化中です。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月27日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハの幼虫が迷いこんできました)

082701kuroageha もう、アゲハの幼虫は全部、蛹化して後は羽化するのを待つだけと思っていたら、爺さんの所からクロアゲハの幼虫が2匹ついたレモンの鉢植えが持ちこまれました。爺さん、青虫が大嫌いで、触るもは当然のことながら見るのもダメで、恐くて殺虫剤も撒けないので後は何とかしてくれと言ってきました。もう終齢でかなりの大きさになっているので、このままサナギになるまでレモンの木と一緒に預かることにしました。爺さんの庭には夏みかんもあるのですが、小さな鉢植えのレモンにだけ卵を生みつけていくようです。

jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月26日

アゲハの飼育日記 (キアゲハ、ダブルで蛹化しそうです)

082601kiageha 幼虫で最後に残った2匹のキアゲハが、蛹化準備で同時にセリの茎に張り付いて固まりました。水栽培で育てていた餌用のセリの葉もほとんど食べ尽くして、茎まで食べていました。上山口の水路も台風の大雨で自生していたセリも流されてしまったでしょう。餌の補給も難しくなるし、ちょうど良い具合に蛹化できたのかもしれません。写真の奥のほうにもう一匹固まった幼虫が写っています。次は同時に羽化の期待が高まります。


jnks1951 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月25日

アゲハの飼育日記 (台風の強風のなかクロアゲハが飛び立っていきました)

082501kuroageha 台風11号の前触れの強風のなか、今朝羽化したクロアゲハが飛び立っていきました。どこか、木陰にでも隠れて台風をやり過ごせればいいのですが。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハが羽化して、キアゲハは蛹化準備です)

082401kuroageha082402kiageha 今日は忙しい日でした。クロアゲハが羽化しました。サナギをハッチバックみたいに破り上げて出てきました。夜になって今度はキアゲハが蛹化の準備に入って、セリの枝に上手に張り付きました。ちょうど、体を支える糸を張り終わったところです。この状態で一日休息して明日はサナギになるでしょう。


jnks1951 at 05:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月23日

アゲハの飼育日記 (抜け殻を食べてます)

082301kiageha 終齢になったキアゲハの幼虫。今まで着ていた抜け殻をちょうど食べようとしているところです。たんぱく質もあって栄養にもなるのかもしれません。まわりのグリーンの柱は、幼虫に食べられて丸坊主になってしまったセリの茎です。彼ら(今、キアゲハの幼虫が3匹残っています)の食欲旺盛なことには驚かされます。


jnks1951 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月19日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハの色違いサナギ)

081901kuroageha これが最期のクロアゲハのサナギです。でも、今までの緑色ではなくて
枯葉色をした地味なサナギになってしまったのですが、大丈夫でしょうか?
インターネットで検索すると諸説色々ありどれが正解か分かりませんが、
いくらなんでもこのまま冬ごもりはしないでしょうね。


jnks1951 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

アゲハの飼育日記 (キアゲハの餌探し)

081801kiageha081802shinzawa お盆休みというわけでもないのですが、今日は一日休みを利用してセリ狩です。カラスザンショウを食べていたクロアゲハやアゲハ達は全部サナギになったので、後はセリを食べるキアゲハが2匹だけとなりました。セリは、食用にするつもりでもなければ割合とどこにでも生育している植物ですが、いざ探すとなるとなかなか見つかりません。上山口の新沢の砂防ダムの奥に自生のセリがあるのを思い出して行ってみました。春先とは様変わりで、人を寄せ付けないヤブになっていてセリの探索は不可能。諦めて戻ろうとすると夏草の覆われた流水路のなかにセリらしきものが見えました。元気な夏草の下に入って茎が伸びきってしまった葉っぱの少ないセリです。これだけ生育してればキアゲハの百匹ぐらいは育てられそうです。キアゲハは色々な草を食べますが、飼育するにはセリが手間要らずでいいかもしれません。(水栽培でどんどん育っていくので)うちのキアゲハの幼虫とセリの花の写真ですが、この後この花も食べられてしまいました。


jnks1951 at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月17日

アゲハの飼育日記 (キアゲハがサナギになりました。そして残念なお知らせ)

081703kiageha キアゲハがサナギになりました。脱走して行方不明にならないように
八百屋さんの透明パックに割り箸を入れておいたのですが、うまく割り箸に
付かず、透明パックの壁に張り付いてしまいました。薄い黄緑色でいままで
のアゲハと色も形も違います。
 そして、残念なことにモンキアゲハも同じようにサナギになろうとしたの
ですが、壁や壁に貼り付けことが出来なくて、透明パックの底に横になった
ままで、サナギになる途中で力尽きて死んでしまいました。


jnks1951 at 23:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年08月16日

アゲハの飼育日記 (また、クロアゲハが生まれました)

081601kuroageha081602kuroageha 2匹目のクロアゲハが生まれました。1匹目に較べると小さくて寄生バチにやられているんじゃないかと思っていたのが、クロアゲハになりました。数日前からサナギの色が変わってきたので、寄生バチが居るんだなと思って指でサナギに触ったところ、サナギが二つ折りになるぐらい勢い良くはじき返されました。こりゃ絶対寄生バチだと思っていたのですがとんでもない勘違いでした。小さいけれど元気に飛び立って行ったようです。


jnks1951 at 22:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月14日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハの蛹化)

081401kurosanagi1081402kurosanagi2081403kurosanagi3







クロアゲハの蛹化(幼虫からサナギになるところ)を連続写真にまとめてみました。全部で12枚あります。枚数が多いので、3枚づつ4段、左から右へと並べてあります。2枚目から11枚目が実際のサナギ化している場面で9分ぐらいの短い時間の間の出来事です。背中を破ってサナギの角の部分が出てくるところは、エイリアンかと思わせるような光景です。
続きを読む

jnks1951 at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月13日

アゲハの飼育日記 (キアゲハが仲間入りです)

081304kiageha 上山口の田圃のわきの水路に生えたセリの枝にキアゲハの終齢幼虫がいました。この際、キアゲハも仲間にしようと、セリごと連れて帰りました。
続きを読む

jnks1951 at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月12日

アゲハの飼育日記 (モンキ+クロ)

081201monkikuro 今日、最期の一匹(とりあえず)が、終齢になりました。これは、クロアゲハのようです。10日に終齢になったモンキアゲハとちょうどつながっている写真が撮れました。電車ごっこみたいですが、2日の違いでこんなに大きさが違います。モンキとクロで背中の模様が微妙に違うことが分かります。背中の逆ハの字とその下の点々模様が違います。下のチビのクロアゲハは模様の線がつながっていますが、モンキアゲハは離れています。

jnks1951 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月11日

アゲハの飼育日記 (クロアゲハも頑張ってます)

081101kuroageha081102kuroageha クロアゲハも順調に育っています。今日、新たにサナギになる準備に入ったクロアゲハがいます。ちょっと暴れ気味なので隔離して、割り箸につかまらせようとしているところです。右側は昨日、サナギになる準備を始めたクロアゲハ。ちょうどサナギになったところで、足元(?)にイモムシの時の皮がぶら下っています。顔の部分が良く分かります。


jnks1951 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月10日

アゲハの飼育日記 (やった!!モンキアゲハだ!)

081001monkiageha081002monkiageha 鳥の糞状態の時からクロアゲハとは違うなと思っていましたが、確証が得られないので終齢になるのを待っていました。今日終齢になったイモムシには、ちゃんとモンキアゲハの特徴がありました。あとは寄生バチにやられていないことを祈るだけです。

jnks1951 at 21:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月09日

アゲハの飼育日記 (アゲハが羽化しました)

080901ageha080902ageha  寄生バチの話題続きで暗くなった雰囲気を打破するかのようにアゲハが羽化しました。今まで羽化したアゲハと違って、全体的になんとなくオレンジ色っぽくみえます。夏型のメスでしょうか?うまい具合に表裏の写真が撮れました。



jnks1951 at 23:02|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年08月08日

アゲハの飼育日記 (寄生バチが羽化しました)

080801agehahimebachi080802agehahimebachi ついに現場を押さえました。寄生バチ(アゲハヒメバチ)の羽化?シーンです。サナギの横っ腹にこんな穴を開けて、あたりをうかがっている表情は本当に悪役といったところです。サナギをつるしている糸が邪魔になって出にくいのでかみ切ろうとするのですがさすがに丈夫で切れません。糸と反対のほうに穴を広げて準備完了。
続きを読む

jnks1951 at 23:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)