音楽 UK・アイルランド ロック・ポップ

2017年04月07日

今日のCD 「VOLCANO / TEMPLES」

今日は、このCD。
この春は、イギリスの準若手バンドの佳作が続々発表になるので忙しいです。
templesv





jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月06日

今日のCD「Different Creatures / Circa Waves」

リバプール出身のCirca Wavesが先月発表した2作目。
今日は、横浜へ出かけた往復、これを聴いてました。
circawaves2





jnks1951 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月22日

今日のCD 「25/ Adele」

去年11月に発表になった3枚目のアルバムです。
久しぶりに聴いて、素晴らしさを再確認。
adele25





jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月13日

今日のCD 「Ash & Ice / The Kills」

英国と米国のデュオ、5年ぶりの新作。5作品目。
文句なしの作品。
kills




jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月04日

今日のCD 「On My One / Jake Bugg」

英国のシンガー・ソング・ライター。
今年6月に発表された3枚目のアルバム。
jakebugg3



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月11日

今日のCD 「Mapping The Rendezvous / COURTEENERS」

マンチェスターの星、COURTEENERSの10月にリリースされた5枚目のアルバム。
courtmap


jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月02日

今日のCD 「BE HERE NOW / OASIS」

1997年に発表されたOASISの三作目、「BE HERE NOW」のデラックス・エディション、出ました。
CD、三枚組。
本編のリマスターと、シングルB面とデモ音源。
必聴です。
oasisbeherenow



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月13日

懐かしのCD 「White on Blonde / TEXAS」

先日のCATATONIAとちょうど同じ時代のこちらは、グラスゴー出身のバンドです。
「White on Blonde」は、デビュー4作目の1997年のアルバム。
「Say What You Want」や「Black Eyed Boy」などがヒットしました。
texaswob



jnks1951 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月04日

懐かしのCD 「International Velvet / CATATONIA」

90年代、英国を代表するウェールズ出身のインディー・バンド。
ボーカルのCerys Matthewsの個性的な歌声がなんとも暑苦しくもあり印象的。
catatonia



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月25日

今日のCD 「Ocean By Ocean / The Boxer Rebellion」

イギリスの4ピース・バンド。これが5作品目。
路線変更があったのか、随分、感じが違います。
ジャケットも雰囲気違います。
boxeroceanbyocean



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月21日

「I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it / The 1975」

英国、マンチェスター出身のバンドの二作目。
4年前のデビュー作も良かったが、それ以上の仕上がりです。
1975



jnks1951 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月14日

今日のCD 「A Moon Shaped Pool / RADIOHEAD」

RADIOHEADの9作目。
RADIOHEADらしさに溢れた作品。
SUMMER SONIC 2016、日曜日のヘッドライナー。
何を見せてくれるのか、期待大です。チケット、買いに走ります。
rediohead



jnks1951 at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月21日

今週のCD 「SUPER / PET SHOP BOYS」

雨で戸外で活動ができないときは、CD聴いて過ごします。
PET SHOP BOYS、これで何作目になるんだろう。
petshopsuper





jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月20日

今週のCD 「Everything Must Go / Manic Street Preachers」

英国、ウェールズを代表するバンドManic Street Preachersが、1996年に発表したアルバム「Everything Must Go」のリリース20周年を記念した2枚組みアルバム。
一枚に「Everything Must Go」のリマスター版、もう一枚にライブ音源。
1995年にメンバーのRichey Edwardsが失踪した後、初めてのアルバム。
オリジナルのアルバムを持っていても、これは別物。
必聴のアルバムです。
manic20



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月01日

今日のCD「Keep the village alive / Stereophonics」

英国、ウェールズ出身のバンド、昨年9月に発表した最新アルバム。
1997の第一作から数えてこれが9作目。
そろそろ、来日しても良い頃ではないでしょうか。
stereo2



jnks1951 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月26日

今日のCD 「Wisdom, Laughter and Lines / Paul Heaton & Jacqui Abbott」

久しぶりの「今日のCD」です。
昨年、10月にリリースされた英国のPaul Heaton & Jacqui Abbottの二人の二作目のアルバム。
「Wisdom, Laughter and Lines 」。
80年代、90年代、The HousemartinsやThe Beautiful Southのボーカルで英国を代表するソングライターの一人と言われたPaul HeatonとThe Beautiful Southでボーカルを担当していたJacqui Abbottのデュオ。
Paul Heatonは、とにかく変わった人物ですが、創り出す曲は、カラフルで過激でウイットに富みどこか温かく、どれも魅力的です。
一度は、ライブを観たいと思うのですが、大の飛行機嫌いということで来日はまずないでしょう。
paulheaton2



ちょっと古いですが、一昨年のGlastonbury Festival 2014 のライブ映像です。



jnks1951 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月07日

今週のCD 「ROPEWALK / THE VIEW」 

英国、スコットランド・ダンディー出身のインディー・バンド。
2006年ごろから活動しているので、もう10年。今年発表された5作目。
中身はいいのに、ジャケットが毎回、イマイチ。
今回も内容は盛りだくさん、飽きません。
theview





jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月11日

今週のCD 「Concrete Love / The Courteeners」

英国、マンチェスター近郊出身のインディー・バンド。
このアルバムは、ちょっと古く昨年発表された4作品目。
一度聴いたら忘れないようなポップで分かりやすい曲が多いですね。
前々作「FALCON」も良かったけど、これもオススメです。
courteeners2





jnks1951 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月08日

今週のCD 「ENGLISH GRAFFITI / THE VACCINES」

英国、ロンドン出身の、インディー・バンドの3作目、5月に発表されたもの。
今年のFUJI ROCKでも評判良かったようです。
vaccinesenglish





jnks1951 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月06日

今週のCD 「Get to Heaven / Everything Everything」

英国、マンチェスター出身のインディー・バンドの三作目。
エレクトロポップの範疇、ファルセット・ボイスを生かしたボーカルが良いですねえ。

everything3






jnks1951 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月03日

今週のCD 「WILDER MIND / MUMFORD & SONS」

季節の変わり目で、暑くなったり寒くなったり。
併せて、先月から続いている体調不良も加わって、なんとなくスッキリしない今日この頃です。
ということとは、ほとんど関係ないのですが、このCDがあったのをすっかり忘れてました。
また、一段と大きくなったような。フォークの枠からは完璧に飛び出しています。
mumfordwild

たまたまネットで拾った今年の「Reading And Leeds Festival 2015 」でのライブ映像。約2時間、充実映像。変形でサイズ小さいですが楽しめます。(すぐに削除されるかもしれません)



jnks1951 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月17日

SUMMER SONIC 2015 + HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER

今年も行ってきました。
今年は、日曜日の午後、用ができたので土曜日だけのつもりだったのですが、毎年ミッドナイトソニックと言われていた土曜日の夜中に、HOSTESS CLUB WEEKENDERが「 HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER」を開催することになったのでこちらの方も参加することにしました。
今年は、もう一つ、猛暑の中、マリン・スタジアムへ行くのは危険と判断して、幕張メッセの中、それも英国を中心にインディー銘柄の多いソニック・ステージ中心に観ることにしました。(フード・エリアも隣ですからね)

とりあえず記録として観たもの全部時系列に並べると(ちょっと観たのはカッコ書き)、こんな感じ。
WOLF ALICE→SLAVES→CIRCA WAVES→(PALMA VIOLETS)→(DARLIA)→(THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION)→KODALINE→MANIC STREET PREACHERS→BAIO→THOM YORKE→MATTHEW HERBERT→ (F.F.S)→(JON HOPKINS)。

今回の私のベスト4は、CIRCA WAVES、MANIC STREET PREACHERS、F.F.S、KODALINE。
その中でも、MANICSが一番。1994年の代表作・名作・問題作の「THE HOLY BIBLE」(消息不明になったRichey Edwardsが参加した最後のアルバム)を20周年を記念して全13曲を順番通りに再現するライブを昨年からやっていて、今回もこの13件プラス4曲のショーでした。
James Deanの力強いボーカルと骨太のギター、頑固な叔父さんの風貌も絵になります。
必ず登場するステージ上のウェールズ国旗、MANICSならではの反骨精神を示しているようです。
CIRCA WAVESは、昨年のサマソニでは、機材トラブルで何曲か飛ばしてしまった雪辱戦だったのかもしれませんが、スピード感のある気持ちのいいステージでした。
F.F.S、その前のTHOM YORKEの超満員の観客に圧倒されて疲労困憊。すっかり、F.F.Sのことを忘れていて途中からになりましたが、Franz FerdinandとSparksの組み合わせは、奇人Ron Maelのパフォーマンスも観れて最高でした。アルバムで聴くよりライブの方がずっと良かったように感じました。
KODALINE、アイルランドのバンドです。確か一昨年のサマソニにも登場していたので2回目。アコースティック・ギターやフラット・マンドリンも取り入れて、フォーク的要素もありコーラスもしっかりと歌い上げていくところが魅力的です。
そのほか、SLAVES、知人のKさんの一押しだったのですが、確かにすごい。ドラムとギターの二人組み。ドラムのスティックが普通の持ち方ができないぐらいにとんでもなく太い。凄まじいパワーでした。
と、いうことで今年も最初は、どんなラインナップになるのかハラハラしていましたが、最後は十分に楽しめたフェスになりました。
写真は、2段目、WOLF ALICE、3段目、SLAVES、4段目、CIRCA WAVES、5段目、KODALINE、6段目、MANIC STREET PREACHERS、7段目、なんだかわからない絵ですがF.F.Sです。
R0069207 サイズ変更
R0069160 サイズ変更R0069165 サイズ変更R0069180 サイズ変更R0069187 サイズ変更R0069194 サイズ変更R0069204 サイズ変更


jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月03日

今週のCD 「THE BALCONY / CATFISH AND THE BOTTLEMEN」

「今週のCD」って、タイトル付けながら、最近全然、紹介していませんでしたね。
久しぶりに、ご紹介します。
英国、北ウェールズ出身の4ピース・バンド。
「CATFISH AND THE BOTTLEMEN」の昨年秋に発表されたデビューアルバムです。
今年のGlastonburyの雨の中のライブ映像も良いですね。
今年は、FUJI ROCKに出演予定。
catfish




jnks1951 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月25日

今週のCD 「The Subways / The Subways」 

こんなさわやかな季節だと言うのに、昨晩から風邪気味。
庭掃除も何もかもする気がなくてゴロゴロしています。
そんな時、少しでも元気なるようにと、これを聴いています。
The Subwaysの4作目のセルフ・タイトル・アルバム。
難しいことを抜きにして、只々突っ走る最高のライブ・バンドです。

subways4



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月03日

今週のCD 「The Holy Bible / Manic Street Preachers」

1994年、Manic Street Preachersの3作目のアルバム。
ギター、作詞を担当していたRichey Jamesが、失踪する前に参加した最後のアルバム。
いわく因縁のある初期の名作です。
昨年からこのアルバム全曲を演奏する「The Holy Bible Show」をスタートさせ、今年のSummer Sonicでは、このShowをやる予定のようです。
と言うことで、早々と予習です。
manichb



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月09日

今週のCD 「BIG MUSIC / SIMPLE MINDS」

懐かしい名前が、久しぶりに元気に帰ってきました。
1977年にデビューした英国、スコットランド出身のバンド「SIMPLE MINDS」です。
昨年5年ぶりに発表した16作品目になるスタジオ・アルバムです。
simpleminds

アルバムのサンプラーです。




jnks1951 at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月05日

今週のCD 「ELPINTOR / INTERPOL」

現在、材料が枯渇して冬休み状態のブログです。
材料がないので唐突に、CDを一枚。これからしばらく最近よく聴いているCDを紹介します。
INTERPOL、昨年9月に発表された5作目。
アルバムタイトル「ELPINTOR」は、INTERPOLの綴りを入れ替えたもの。

interpol



jnks1951 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月14日

今週のCD 「Lullaby And... The Ceaseless Roar / Robert Plant」

ロンドン在住の方が、Robert Plantのライブを「Roundhouse」へ観に行ったことがfacebookに書かれていたのに触発されて、最新作「Lullaby And... The Ceaseless Roar」が登場です。
伝説のロックバンド、Led Zeppelinのボーカル。ロック史上最強のボーカリストと言っても良い存在。
ソロになってブルーグラスのAlison KraussやフォークのPatty Griffinとコラボするようになったり、様々なジャンルの音楽の影響を受けながら変化してきた流れの集大成ともいえるアルバム。
今年のサマソニで観ましたが、「Roundhouse」でのライブは良かったでしょうね。
robertlant3



jnks1951 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月08日

今日のCD 「FUTUROLOGY / MANIC STREET PREACHERS」

久しぶりのCDご紹介です。
UK JAPAN 2008の第二回同窓会開催を祝して、90年代から活躍する英国ウェールズを代表するMANIC STREET PREACHERSの今年7月に発表されたアルバム。

MSP2







jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月16日

今日のCD 「ROYAL BLOOD / ROYAL BLOOD」

英国、ブライトン出身のベースとドラムスの2人編成のバンド。
たった二人だけですが、これこそ正真正銘のロックだといえる骨太のサウンド。
英国のヒット・チャートで、3年ぶりにロックのアーティストで初登場1位を達成。
大型新人登場!!!

royal blood


このPVだと、彼らのサウンドの作り方の一端が垣間見れます。


jnks1951 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月12日

今日のCD 「(What's The Story) Morning Glory? / OASIS」

この2日間部屋にこもって、プレゼン資料を作りながら、このリマスター版CD三枚組全40曲を聴いていました。
収録曲がそれぞれが名曲と言えるのですが、全曲アルバムとして通して聴き直してみて凄さが分かります。
聴き手も20年間で少しは、聴く力が付いたのかもしれません。
確かに90年代を代表する名作です。

oasis



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月08日

今週のCD 「ALIAS / THE MAGIC NUMBERS」

THE MAGIC NUMBERSが、帰って来ました。
二組の兄妹、4人編成のポップ・ロック・バンドです。
2005年のデビューCDの後、2枚CDが発表されたのですが、どちらもぱっとしませんでした。
今回、会心の4作品目になったようです。

magic


新作「ALIAS」の曲「Shot In The Dark 」。


アルバムのサンプラーです。


jnks1951 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月03日

今週のCD 「All I Ever Wanted − The Anthology / Kirsty MacColl」

2000年12月に事故で亡くなった英国のシンガーソングライターKirsty MacCollの今年5月に発表されたCD2枚組、43曲のアンソロジーです。

英国のフォーク歌手Ewan MacCollの娘。伯父さんは、Pete Seeger。次男は、Bombay Bicycle Clubのメンバーと言った家系。
The PoguesのShane MacGowanとデュエットした「Fairytale Of New York 」は、英国の永遠のクリスマス・ソングです。
私の記憶は、1991年のアルバム「Electric Landlady」の曲「Walking Down Madison」をラジオで聞いたのが始まり、ちょっと癖のある歌声が印象的でした。ヒット曲に恵まれたシンガーではありませんが、不思議な魅力のある歌手です。

kirsty2





jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月26日

今週のCD 「WHAT HAVE WE BECOME / PAUL HEATON & JACQUI ABBOTT」

最近入手した「お宝」を庫出しします。
1990年代に活躍した英国のバンド「Beautiful South」のリーダーのPAUL HEATONとJACQUI ABBOTTがデュエットで戻ってきました。
独特の世界観と信条を持つ稀代のソングライターのPAULと骨太の歌声のJACQUIの組み合わせは最高です。
今年発表されたアルバムの中でベスト10と言ってもおかしくない作品です。
映像は、今年のGlastonbury FestivalのBBC Introducing stageで撮影されたものです。 Beautiful South時代の曲もやっています。
heaton



jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月03日

今週のCD 「EP / CIRCA WAVES」

英国、リバプール出身のインディー・バンド。
今年のサマソニに登場したイギリスの若手バンドの中で、個人的に一押しです。
まだ、アルバムも発表されていません。この4曲+1曲のEPでデビュー。
ポップでキャッチーメロディーと一度聴いたら忘れない完璧なサビ、印象的な歌詞と明るいサウンドで、これは良いです。
さて、これからどんなデビューアルバムが発表されるか。乞うご期待です。
circa


jnks1951 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)